美しいことから愛しいことまで

「人間には二種類ある。人を思いやれる人とそうじゃない人。」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

パラパラと傘が雨粒を弾く音がする。顔を上げると、一人の男が自分に
傘を差しかけてきていた。歳は三十四、五か、冴えない髪型の垢抜けない男だ。
ネクタイも右に少し寄れている。どこかで見たことがある。
さっき...福田と一緒にいた男じゃないだろうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。美人

キスしたい衝動が押し寄せてきて、そんな自分に戸惑った。
胸がザワザワと騒々しくなって、松岡の顔を見たいのに見ていられくなくなる。
まるで恋でもしているようだった。

恋に落ちた二人の切ないラブストーリーだね^^
二人とも頑張ったんだ。特に松岡君ね。
このCDを聞きながら涙ぼろぼろしちゃったの自分も
なんとなく恋の苦しさや切さを感じていたのだ。


題目 : なんとなく書きたいこと。。 - 部落格分类 : 談情說愛